読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知識提供してみた!

2015年、500冊を読んだ私がみなさんに知識を提供!心理学、ストレス対処、メンタルヘルスについて知りたい方にとって有意義なブログです!

ホメオスタシスで自分を見直す。習慣のコツは目標の1割からはじめること

習慣 自己啓発

 

 

「習慣」というワードをここ三年でよくみるようになりました。

 

本屋にいくと自己啓発の分野に必ずといっていいほど習慣に関連した本が置いてますよね。

 

そこで何冊か買って読んでいるのですが、

  • 読んで分かったこと。
  • 実際に試してみてわかったこと
  • これは実践して効果あり!

というものを複数回分けたのでご覧なってください。

 

 

f:id:steceo41:20160215140409j:plain

 

 

習慣化できないのはあなたのせいではない。

 

まずは人間の仕組みについて理解する必要があります。

 

人間には本来、ホメオスタシスという物質が存在します。

 

食事をしたあと、人間は血糖値が上がります。

 

その際、血糖値が上がるのを防ぐ神経物質が身体で分泌されます。

 

これがホメオスタシスです。

 

この物質のおかげで私たちは血糖値を正常値まで取り戻すことができるのです。

 

 

ホメオスタシスから見ての通り、人間は一旦不規則なこと、不安定な状況になった時、その良し悪し関係なしに元の状態に戻ろうとするのです。

 

これをアロスタンス負荷ともいうのですが、これが備わっている状態、つまり慣れていない状態では身体は動いてくれません。

 

つまり逆を言えば、ある一定の領域を抜けてしまえば行動が自動化され、習慣となることができるということ。

 

イメージは、宇宙での無重力です。

 

 

なので人間の意志力は、最初だけ必要になります。

 

一定の領域までたどり着けば意志力は不要です。

 

 

 

 

ではさっそく、肝心の習慣化を身につける方法を紹介します。

 

最初の一週間は、目標とする習慣の1/10程度をする!それ以上は敢えてやらない

 

習慣をつづけるコツは無理をしないこと。これに尽きます。

 

習慣化に慣れていない人は無理をして最初飛ばします。

 

習慣になれている人は長期スパンで考えるため、やる気の維持がうまいです。

 

実際は、この違いです。

 

一週間ほどで慣れてきたら、または感覚でもう大丈夫と思ったら、

ハードルをあげればいいのです。

 

 

1/10程度でやることは、勉強系の習慣であればツァイガニック効果であったり、

 

最初から目標を高くする人の心理としては、ダニング・クルーガー効果が働きますね。

(これらは心理学用語なので、また今度書きます)

 

 

ハードルを下げて習慣化するコツを古川武士さんはベビーステップと名付けていますが、実践する価値がありました。

 

習慣化はまじめにやりすぎないことですね。