知識提供してみた!

2016年,400冊を読んだ私がみなさんに知識を提供!(2015年は500冊)心理学、ストレス対処、メンタルヘルスについて知りたい方にとって有意義なブログです!

【本を選ぶ際に気をつけるポイント】ページをめくって知っている知識があるか調べること。

 

 

f:id:steceo41:20160226225533j:plain

今回は、本を買う際の最適な選び方をお伝えしようと思います。

 

みなさんはどうやって本を買っているでしょうか。

ベストセラーの本を買ってみるのもありですが、

最適な本の選び方というものがあります。

(※あまり知られていないことなので極秘です。笑)

 

 

 

ロシア人の心理学者、レフヴィゴツキーの最適な学習理論によると、

本を選ぶ際、知っている5割、知らない5割が一番よいとされています。

言い換えれば、知っている知識:知らない知識=5:5

が最適だということ。

 

 

よく「この本は知っている知識がいくつか書いてあるから読まなくてもいいや〜」

という人をみかけますが、そのような人はよほどの天才か本を読む習慣ができていないか本をまともに読んでいないかのいずれかです。笑

 

 

読書の習慣に失敗している人や本が嫌いな人というのは、

むずかしい本を選んでいることが多いのです。

 

誰だって知らない単語や知識がたくさんある本を読むことは困難で、

なにより退屈です。

 

本を読む習慣がない人は、入門書から読み進めてみるか、ページ数が少ない本を選んでみてください。

 

本を読む喜びが感じることができます。

 

ここで大切なのは、自分の能力を買い被らないこと!

 

本のハードルを下げることで読めるスピードがあがり、さらに本を読みたいと思うようになってくるはずです!!

 

 

私も初めは一冊も読めず、悪戦苦闘していた時がありました。

その原因に、難読書を読んでいたことにあったのです。

 

入門書から初めて、徐々にステップアップしていく過程がなにより楽しく感じることができ、今では一日二冊は読むことができるまで成長することができました。

 

 

こんな私でもできたのですから、みなさんなら絶対にできます!!!

 

 

 

読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門

読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門

 

 

 

読んだら忘れない読書術

読んだら忘れない読書術