知識提供してみた!

2016年,400冊を読んだ私がみなさんに知識を提供!(2015年は500冊)心理学、ストレス対処、メンタルヘルスについて知りたい方にとって有意義なブログです!

【私自身が半年間実践してわかったこと】パワーナップの効果は集中力アップだけではなかった。

f:id:steceo41:20160305115222j:plain

半年前、パワーナップの効果を本で読み、実践してみたことを書いていこうと思います。

 

パワーナップという言葉を聞いたことがある人もいると思いますが、初めて聞いた人や

なんのことかわからん!という人もいるので、かんたんに説明しようと思います。

 

パワーナップとは、昼間に少し睡眠をとることで集中力が回復することです。

 

パワーナップを取りいれた方がいいのは、集中力をあげることや疲れを取ることを目的としているのですが、本来、脳というものは疲れていません。

 

脳は疲れていない。疲れているのは目。

そもそも、脳には「疲れ」という概念は存在しません。

仕事や勉強をして疲れたと思っているのは、「目」です。

だから、パワーナップが本領を発揮するのです。

 

 

 

NASAでもパワーナップを導入している

NASAでは、30分のパワーナップを取り入れたところ、40%の認知能力をもたらす。という実験結果が得られたそうです。

 

 

パワーナップの種類

パワーナップには、いくつかの種類があります。

種類といっても、ナップの時間による違いなので分類する必要性はあまりないと思います。

 

・2〜5分 「マイクロナップ

 脳が疲労感をもち、勝手に眠ってしまう状態。

 椅子に座ったままの方が良い。

 

・5〜20分「ミニナップ

 意識的に行う。疲労感がなくなる。

 

・20分「パワーナップ

 一番最適な方法。横のなった方が良いが、職場などでは無理な場合が多いので

 机に寄り添った状態でも良い。

 

ちなみに、多くやりすぎると脳が眠ってしまい、かえって作業効率が下がる可能性もあるので注意です。

 

 

パワーナップにどんな効果があるのか、自分が実践してみました!

 

実践して実感した効果を書いていこうと思います。

個人的な感覚なので、必ずしもみなさんに当てはまるわけではないです。

(※ブラシーボ効果も働いているかもしれません)

 

・なんだか健康的になった。

・勉強の効率があがった。

・余計に考える時間が減り、ストレスが減った。

・寝付けがよくなった。

 

この四つは実感できました!

他にも、記憶力がよくなる効果もあるらしいです!

(※私は運動をすることで記憶力があがることを知っているので、今回は実感枠には含めませんでした。)

 

いかがだったでしょうか。

昼に効率性が悪くなることは人間の仕組みなので仕方のないことです。

パワーナップを取り入れてみて、仕事の効率や勉強の効率を上げてみましょう。

 

知ってるだけで実践しない知ってる病にかかる前に。笑