知識提供してみた!

2016年,400冊を読んだ私がみなさんに知識を提供!(2015年は500冊)心理学、ストレス対処、メンタルヘルスについて知りたい方にとって有意義なブログです!

佐藤優さんの読書の技法を参考に、超速読方法を紹介!

すぐに読み切る!5分間速読法

佐藤優さんの【読書の技法】を読み、そこで超速読法を紹介していました。印象に残ったことばを紹介していこうと思います。

 

読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門

読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門

 

 

超速読法を紹介

さっそく紹介されていた超速読法について紹介しようと思います。

そんなに難しいことはしていないですが、5分で完了しなければならないということは懸念しておいた方が良いでしょう。

①まずは5分で読む。それ以上はかけない。

f:id:steceo41:20160607174301j:plain

これがまず大事です。読みたい箇所があってもとりあえず「読みたい箇所が自分は見つけた。」ということを覚えといて、ガンガン進んでください。この原則を守りながら速読するとわかるのですが、思った以上に守れないです!!もっと読みたい!という気持ちが強いと5分以上の時間を消費してしまいます。この段階は読むというよりはどんなことを書いているのか把握する程度に思っておきましょう。

②読みたい箇所を見つけるために、太字のみを読む

f:id:steceo41:20160607174317j:plain

5分ですべての文字を読む天才はおそらくいないと思います。肝心なのはどんなことが書かれているのか認識することです。そのためにはまずは太字だけを読み、他は読まない覚悟で読み進めてください。意外と太字だけで中身を知ることができます。

③この部分だけ読む。という箇所をみつけ、残り時間に読む

f:id:steceo41:20160506174829j:plain

基本的に超速読は1ページ1秒でペラペラめくらなければいけません。なぜなら、そうしないと5分で読了することができないからです。5分以内に自分が今必要な箇所を見つけ出し、超速読が終わったあとにその箇所を読むのです。一度速読したあとにピックアップした箇所を読むと記憶力が上がります。私も、新しい本を読むときは初めからじっくり読むのではなく、まず5分間で全ページをめくり、自分にとって重要な箇所を見つけて読んでいきます。そうすると不思議と早く読めてしまうのです。私の検知からいうと、本を読む前に自然とゴールがわかるので重要な箇所、重要でない箇所が見えてきて精神的にもラクです。

 

読書好きな方!もっと本と触れ合いたい方はぜひ「読書の技法」を試し読みあれ!

いろんなジャンルの本に触れたい!と考えている方は読書の技法の目次だけでも見てみてください!目次だけで色々な発見が出てくるはずです。このメソッドに従えばおそらく格段と知識が定着するのではないかと期待できます。

 

読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門

読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門