読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知識提供してみた!

2015年、500冊を読んだ私がみなさんに知識を提供!心理学、ストレス対処、メンタルヘルスについて知りたい方にとって有意義なブログです!

「悩む」と「考える」の違い。悩んでしまう理由は、人と比べているから

自己啓発

 

「悩む」と「考える」の大きな違い

△「悩む」の定義

f:id:steceo41:20160422000946p:plain

△考える

f:id:steceo41:20160422001055p:plain

 

二つの言葉の意味をそれぞれ調べてみた。

見てのとおり、両者は頭を使っている動作には変わらないが、意味が大きく異なっている。

「悩む」という行為は、自分の行いに対して自らを責める意味に近い。

「考える」という行為は、いろいろなことを俯瞰して物事を見ている意味に近い。

 

言われてみれば「悩むことと考えることは違うよ!」とわかる人は多いが、

いざ自分の頭の中でしている行為は、

もしかしたら「悩むこと」であるかもしれない。

 

 

どちらが生産的であるかは一目瞭然

意味をよくみたら、「悩む」ことよりも「考える」ことの方が断然良い。

なぜなら、こちらの方が生産的であり、次に活かすことが浮かぶからだ。

今の失敗を次に活かす。ことができるのは「考える」ことである。

悩んでばかりいても生産的なことは滅多に生まれない。

生産的に、今自分ができることを優先するならば、断然「考える」ことを優先すべきなのだ。これを多くの人は知ってさえはいるが、やろうとはしない。

所謂、知ってる病だ。

 

tanzen.hatenablog.com

 

悩むのは、一種の逃げ

悩むことは意外にも自分を守っている可能性もある。

苦しい現状を打破したいという思いがあるのだが、多くの人は悩む選択をしている。それはもしかしたら自分への言い訳なのかもしれない。

なぜなら、悩むことで自分は精一杯やったんだ!という理由をつけることができるから。

悩んでも答えなんて手に入らない。だけど何もしないのは気持ち悪いからとりあえず悩んでみようかな。という思いを持っていないだろうか。

もちろん、答えを手にいれることが大切ではない。

大切なのは、答えにたどりつくために必要なステップを自分で見つけ出すことだ。

 

何よりも、他人と比べてはいけない。

最近読んだ本の中で、ぐさっときた言葉がある。

「あらゆる悩みは、人間関係から来ているのである」

つまり人間がいることで悩みは発生している。

だからといって、全ての人間関係を断ち切るとか、そうした非効率な戦略をとれといっているわけではない。

他人と比べることをやめればいいのだ!

これに尽きる。

私自身も、人と比べている自分には自信をもつことができなかったし、苦しんだ時期もあった。

ところが、「人と比べることをやめて、自分に集中」したこと。

もっと具体的に言えば、「今、自分ができることに集中」することに意識を向けたら、本来の自分を取り戻すことができた。

何度もこの思考を思い出し訓練することが大切だが、忘れることも多々ある。

メモなどをして振り返って、

困難なときに見直してみることを強く、強く、おすすめする。

 

tanzen.hatenablog.com

tanzen.hatenablog.com

 

tanzen.hatenablog.com